FC2ブログ

第四十二回 歌舞音曲紀行・佐渡篇

音楽・演劇 等
10 /04 2018
佐渡といえば、やっぱり佐渡おけさ♪ 2006年

 6月のある週末、前々から行ってみたいと思っていた佐渡島へ行って来ました。天候に恵まれ、なかなか良い旅でした。

 佐渡というと、一時拉致問題でよくメディアによく登場して、何やら恐ろしいトコ?みたいなイメージを抱きがちです。が、昔から配流の地だった歴史的背景からも「何者も受け入れる」という気質が育まれたのでしょう。大らかな温かみも、そして文化もある所でした。

 ラッキーなことに滞在当夜は、ホテル近くの神社で薪能が奉納される、と聞かされました。
 ホテルに入る前に立ち寄った能楽資料館で、コンピュータ制御された立派な電動人形による能楽観賞をしたばかりでしたが、やはり生身の人間には叶うまい。荷物を部屋に置いてすぐ、神社に行ってみました。

 本番まで未だ大分時間があるというのに舞台では、本番さながらにリハーサルが行われていました。会場準備をなさっている方から、少しお話しを伺うことも出来ました。
 聞けば皆さんプロの役者ではない、とのこと。そして若い方の参加も、最近少しずつ見られるようになったそうです。

 トップリと日も暮れ、夜のとばりも下りる頃。道の両脇にぶら下がる提灯の明かりが、舞台へといざないます。
 夜の静けさにかがり火が揺れるという、厳かな雰囲気で『清経』が粛々と演じられました。上演約1時間。月夜の下で毛布にくるまって観賞しているカップルもいました。寒いけれど、なかなか素敵なデートです。

「清経」もいよいよクライマックス。 2006年

 私は薪能は初めて鑑賞したのですが、能楽堂で観るのと違い、自然と舞台、演者が一体となってファンタスティックな体験でした。能楽本来の姿に、少し触れた思いです。

 佐渡は能が盛んな土地。佐渡の能の起源は、諸説ある中から拾ってみますと、例えば京都から追放された都人や世阿弥が伝えたもの、というのもあります。

 観賞中、いよいよクライマックスの場面で、私の横に立っていた地元の方が、舞台上の役者に合わせて謡いを口ずさんでおられました。凄い。こういう教養をチラリとでも見せられるのは、とっても素敵。
 地元に根ざした文芸の、層の厚さも感じられました。

 興奮も冷めやらず、舞台の後には、地元テレビ局のインタビューにも調子に乗ってペラペラと応えていた私。
 ひょっとして自分のコメントがテレビに出るかも、もしオンエアーされたなら見たいなぁ、などと、俗なことばかり考えている。
 少しは高尚な世界を覗けたというのに全く・・・、なのでした。


・・・次はミャンマー篇!

(※ 註:この記事は 2006.12.25 に掲載されたものを転載しています)
スポンサーサイト

第四十一回 歌舞音曲紀行・フジコサン

音楽・演劇 等
10 /02 2018
『奇蹟のカンパネラ/フジ子・ヘミング』 VICC-60123  ビクターエンターテインメント株式会社

 今更私などが申すまでもなく、長い不遇の時を経て、今や押しも押されぬ人気ピアニスト、フジコ・へミングさん。演奏のテクニックだけでなく、長い旅路にも似たドラマティックな歩みにも、人びとは惹き付けられるのかも知れません。

 服作りをしている私の母は、実はかつて一度だけ、フジコ・へミングさんの衣装を手掛けたことがありました。

 もう25年以上前のことですが、当時母がよく服をお作りしていたお客様のご友人の親戚、にフジコ・へミングさんが当たるのだそうです。
 複雑ながらそういうご縁で、スウェーデンから帰国したばかりのフジコ・へミングさんは母の所へお越しになり、コンサートを控えているので衣装を、とオーダーがあったのでした。

 一度携わった作品や顧客というのは、そう忘れるものでもないらしく、その時お作りしたドレスが白色でトレーンをなびかせたようなシルエットだったことや、彼女の風貌を母はよく憶えていました。又、不思議にもフルネームは忘れていたくせに、周りから「フジコサン」と呼ばれていたことだけ、母は記憶していたのです。

 近年、フジコ・へミングさんがメディアで採り上げられだすようになると、母はあの時の「フジコサン」かしら?と言ってはいたものの、確認することもなく月日が流れて行きました。
 「フジコサン」を連れて来られた方は、その後海外に移住されたこともあり、母はそんなことをワザワザ尋ねるのも、と先延ばしにしていました。
 そんなことで、別の筋からあの時の「フジコサン」は、やはりフジコ・へミングさんのことだと判明したのは、つい最近のことでした。

 是非に、とご本人に請われ「フジコサン」のコンサートへ当時の母は足を運んでいます。
 今やチケットがなかなか取れないアーティストの一人となったフジコ・へミングさんですが、25年も前なら、未だ不遇の時代。思えば母は、なかなかレアな体験をしていることになります。

一年の大半を海外演奏旅行で過ごすと云う“フジコサン” 日本でのお家のある。 東京 下北沢

 余談ながら「フジコサン」の職業がピアニストだと知った母は、彼女に自分の子供(つまり私のこと)に、ピアノとバイオリンのどちらをを習わせたら良いかを、ご相談したのだそうです。
 当然のことながら「フジコサン」からのアドバイスは、ピアノが良いでしょう。かくて私の稽古事は、めでたく(?)ピアノに決まったのでした。

 母にすれば、単にプロの方にちょっと伺ってみようかと思ったのでしょうが、イヤハヤ。
 超有名ピアニストとして名を馳せるのは後のこととしても、シロウトとは畏れを知らぬものです。

 しかし。「フジコサン」ほどの、とは言わずとも、ちょっと面白いエピソードやドラマというものは、案外どこにでも転がっているのかも知れません。


 ・・・次は佐渡篇!

(※ 註:この記事は 2006.12.25 に掲載されたものを転載しています)

第四十回 北京住宅変遷記~M氏の場合~5

北京
09 /24 2018
外観の色使いも、カラフルで可愛らしくなって来た、北京のアパート。 2005年 北京

 旧知の友人、M氏の住居の変遷を中心に、簡単に述べて来ました。

 参考に、2、3軒目のマンション購入費用を記しておきます。

 2軒目:32万元(敷地内の駐車場代込・面積130平米)
 3軒目:50万元(マンション地下の駐車場代込・面積40平米)

 3軒目の方が、面積は3分の1でも価格は倍近いのは、市中心により近い為、ということでしょうか。
 見た感じでは、投資目的のみでマンション価格が月単位で倍加し、住人が存在しない建物群は、北京では未だ、上海のそれには及ばなそうです。しかし、これからの数年で事情に変化が見られるかも知れません。

 立ち退きや、マンションの購入、都市計画には、それに伴う政策や税制など、色々複雑な背景が絡むでしょうが、法制は、その土地その時によって異なるし、それが良いのか悪いのかは、ここで触れることではありません。

 北京という都市が発展を遂げる渦中で、共に変わってゆく市民生活の一例としてここで紹介出来ましたのは、たまたま一つの家庭を、友情にも恵まれて20年もの歳月で追うことが出来た、時の産物と思っています。

 M氏夫妻は現在、各々が車で動いていますが、自家用車の普及率も近年、著しく上昇しています。そう言えば中国の風物詩たる、自転車の数も、大分減りました。
 高速道路、環状道路、バスや地下鉄、電車の路線等に見られる交通網の拡大。それらは皆、北京市民の生活圏が外へ外へと広がっていくのに比例しているのが、看て取れます。

 人びとの行動範囲が広がれば、環境も変わります。日本も、かつて同じような道を歩んだに違いありません。大気汚染や交通事故の増加、果ては子供の教育問題や老人福祉等々、思いがけない分野での、新たな問題が生まれてくるのは必至でしょう。

M氏宅のあった四合院の門。こうした一般住宅は、住人が出入りする時以外は閉門していて、用が無ければ入り難い。 1992年 北京

 開発の名のもとに、昔のたたずまいがどんどん失われる中、一方で歴史ある四合院をレストランや宿泊施設に改装して利用されているのが、今北京ではちょっとした流行になっています。
 そして2004年には、四合院を個人が購入、保護することを奨励する政策が打ち出されています。
 改築には細かい規制があるものの、既に数十軒の四合院が破壊から免れているそうで、旧い建物を見るのが好きな私としては、どんな形でも昔のものが保存されるのは嬉しい限りです。

 都市とは、常に変わっていくものらしいことは、既に明らかなこと。でも、建物と施設だけで都市が形成されるものでもありません。ヒトとヒトの情も含んだ、あらゆるものの新旧調和とバランス、これが住人や訪れる人たちを魅了する都市の課題、ではないでしょうか。


 ・・・以下続く

(※ 註:この記事は 2006.12.10 に掲載されたものを転載しています)

第三十九回 北京住宅変遷記~M氏の場合~4

知人・友人
09 /18 2018
3軒目の家。手前にリビング&キッチン。奥にバス・トイレ、和室。 2005年 北京

 M氏の3軒目のお宅の中でも特に秀逸なのは、現代日本住居でも少なくなってしまった、和室。

 日本での生活経験があるからとは言え、M氏宅の和室は、本当に良く出来ています。我々日本人から見ると?と思うことがありがちな「ガイジンの日本趣味」たる雰囲気が殆ど感じられず、寧ろ、参考にすべきアイデアが、随所に見られました。

 間取りは、四畳半の空間を挟むように押し入れ、違い棚、床の間が設えられており、収納もスッキリ。
 窓際に沿って最初から作り付けられてあるスチーム暖房機は、入り口側から見えないように、和室の高さが合わせてありました。窓に向かって腰を下ろすスペースが空けてあり、窓越しの景色も楽しめるようになっています。これは、中国人には正座の習慣が無く、椅子に腰掛ける生活スタイルなのと、ひょっとしたら日本の縁側からも、ヒントを得たのかも知れません。

 そして、上がりこむような高さのある和室には、もう一つ理由があったのでした。
 部屋を見回している私に「見てて」とM氏はおもむろにリモコンのスイッチを入れました。一体何が始まるのかと思ったら、和室の真中にある半畳畳がせり上がって、何と掘りごたつ式のテーブルが現れたのでした。
 この電動テーブルは、日本にもある商品らしいのですが、私は初めて知りましたし、実物を見るのも、勿論初めて。
 しかし電動テーブルだけでなく、障子やふすま、畳も全て中国製。日本のメーカーが進出、製造しているのを、中国国内向けにも売り出しているのだそうです。
 長期滞在型の、日本人駐在員向けの住宅なら、少しは需要があるでしょうが、一般的にはどうか知らん・・・・。

バス・トイレ。この浴槽も和風に木製の湯桶にしたかったそうだが、サイズが合わず断念。 2005年 北京

 では、単刀直入に、和室は中国人に人気があるか、否か。
 M氏によると、和風インテリアは人気があるものの、実際中国人の住まいにおける和室の普及率は、北京でも未だかなり低いだろう、とのこと。というのは、やはりコストがかかってしまう為。
 因みに、この部屋の内装工事費用内訳を教えて貰いました。

  キッチン部分とリビング : 13,000元(1元約15円くらい)
  バス、トイレ : 17,000元
  和室 : 24,000元

 和室、ダントツ。やはり高くついてしまうから敬遠されてしまうのか。

 しかし、それも和室の良さを皆が知らないからでしょう、とM氏は自ら設計、指示して造った和のお城に、ご機嫌な様子でした。

 夜の訪問にも関わらず、ついつい長居をしてしまったのは、ただ感心しただけでなく、この和室に安らぎを覚えてしまったからでした。
 和室の良さを日本の外で再認識しようとは、何とも不思議な話ではあります。


 ・・・以下続く

(※ 註:この記事は 2006.11.26 に掲載されたものを転載しています)

第三十八回 北京住宅変遷記~M氏の場合~3

北京
09 /11 2018
3軒目の家の見取り図。 title=

 中国で販売されているマンションは、水道や電気の栓と、バス、トイレ部分のスペースが定まっている以外、中身が空っぽであることが普通です。
 最近では内装も家具も全て揃っていくら、のタイプも出回っているようですが、まだまだ内装は自前で、というのが主流。しかも、職場から与えられる昔ながらのアパートならば、せいぜいがバルコニーに窓を張りめぐらせてもう一部屋増やすくらいでしたが、今は違います。
 インテリア関連の書籍が、日本より充実しているように見えるのは、恐らくそのためでしょうし、内装や家具に凝るのは、それだけ世の中が豊かになった証拠でしょう。建材を扱うお店でも、色々揃うらしいのです。

 北京東駅を間近に臨むM氏の3軒目のお宅へは、2004年に内装工事が完了し、住み始めて間もない頃にお邪魔しました。

 24時間体制の門番とオートロックの入り口で、外部の者が誰でも侵入出来ないような構造も、北京ではもはや珍しくはないようです。

3軒目の家の和室。棚の姉様人形は、何と私が高校生の頃、M氏に贈ったもの。 2005年 北京

 エレベータで上階へ上がる際、昔は箱の中で椅子に座って編物などをしながらボタンを押してくれるオバチャンがいて、停電で使用停止になることもしょっちゅうだったけれど、そんな姿ももう見られなくなって久しいなあ・・・などと考えていたらアレレ?確か26階のはずだったのに、着いてみると廊下の表示が29階になっていました。??
 このややこしい階表示は、中国語で「四」が「死」と通じる音なので、4の階が設定されていないことから生じているのです。風水を重んじ、意外と?迷信深い中国人の考え方が反映されていて、面白いです。現実的には、エレベータのボタン部分を住人が迷わないように、設定階と実際の階が併記されていました。

 それではイザ、お宅拝見。ワンルームの部屋をここまで改築出来るのか、しばしここが北京であるのを忘れてしまうような空間がそこには広がっていました。
 キッチンはオープン。フローリング床のリビングに、バス、トイレ、そして和室の組み合わせ。

 この瀟洒な住まいを、配線を何も全てをM氏自らが設計、指示をし、材料も吟味して調達。それでも素人だというのですから、本当に驚きです。
           

 ・・・以下続く

(※ 註:この記事は 2006.11.4 に掲載されたものを転載しています)

かずよ

北京留学時代のちょっと懐かしい話題から現代中国事情