FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十九回 北京住宅変遷記~M氏の場合~4

知人・友人
09 /18 2018
3軒目の家。手前にリビング&キッチン。奥にバス・トイレ、和室。 2005年 北京

 M氏の3軒目のお宅の中でも特に秀逸なのは、現代日本住居でも少なくなってしまった、和室。

 日本での生活経験があるからとは言え、M氏宅の和室は、本当に良く出来ています。我々日本人から見ると?と思うことがありがちな「ガイジンの日本趣味」たる雰囲気が殆ど感じられず、寧ろ、参考にすべきアイデアが、随所に見られました。

 間取りは、四畳半の空間を挟むように押し入れ、違い棚、床の間が設えられており、収納もスッキリ。
 窓際に沿って最初から作り付けられてあるスチーム暖房機は、入り口側から見えないように、和室の高さが合わせてありました。窓に向かって腰を下ろすスペースが空けてあり、窓越しの景色も楽しめるようになっています。これは、中国人には正座の習慣が無く、椅子に腰掛ける生活スタイルなのと、ひょっとしたら日本の縁側からも、ヒントを得たのかも知れません。

 そして、上がりこむような高さのある和室には、もう一つ理由があったのでした。
 部屋を見回している私に「見てて」とM氏はおもむろにリモコンのスイッチを入れました。一体何が始まるのかと思ったら、和室の真中にある半畳畳がせり上がって、何と掘りごたつ式のテーブルが現れたのでした。
 この電動テーブルは、日本にもある商品らしいのですが、私は初めて知りましたし、実物を見るのも、勿論初めて。
 しかし電動テーブルだけでなく、障子やふすま、畳も全て中国製。日本のメーカーが進出、製造しているのを、中国国内向けにも売り出しているのだそうです。
 長期滞在型の、日本人駐在員向けの住宅なら、少しは需要があるでしょうが、一般的にはどうか知らん・・・・。

バス・トイレ。この浴槽も和風に木製の湯桶にしたかったそうだが、サイズが合わず断念。 2005年 北京

 では、単刀直入に、和室は中国人に人気があるか、否か。
 M氏によると、和風インテリアは人気があるものの、実際中国人の住まいにおける和室の普及率は、北京でも未だかなり低いだろう、とのこと。というのは、やはりコストがかかってしまう為。
 因みに、この部屋の内装工事費用内訳を教えて貰いました。

  キッチン部分とリビング : 13,000元(1元約15円くらい)
  バス、トイレ : 17,000元
  和室 : 24,000元

 和室、ダントツ。やはり高くついてしまうから敬遠されてしまうのか。

 しかし、それも和室の良さを皆が知らないからでしょう、とM氏は自ら設計、指示して造った和のお城に、ご機嫌な様子でした。

 夜の訪問にも関わらず、ついつい長居をしてしまったのは、ただ感心しただけでなく、この和室に安らぎを覚えてしまったからでした。
 和室の良さを日本の外で再認識しようとは、何とも不思議な話ではあります。


 ・・・以下続く

(※ 註:この記事は 2006.11.26 に掲載されたものを転載しています)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

かずよ

北京留学時代のちょっと懐かしい話題から現代中国事情

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。