FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四十回 北京住宅変遷記~M氏の場合~5

北京
09 /24 2018
外観の色使いも、カラフルで可愛らしくなって来た、北京のアパート。 2005年 北京

 旧知の友人、M氏の住居の変遷を中心に、簡単に述べて来ました。

 参考に、2、3軒目のマンション購入費用を記しておきます。

 2軒目:32万元(敷地内の駐車場代込・面積130平米)
 3軒目:50万元(マンション地下の駐車場代込・面積40平米)

 3軒目の方が、面積は3分の1でも価格は倍近いのは、市中心により近い為、ということでしょうか。
 見た感じでは、投資目的のみでマンション価格が月単位で倍加し、住人が存在しない建物群は、北京では未だ、上海のそれには及ばなそうです。しかし、これからの数年で事情に変化が見られるかも知れません。

 立ち退きや、マンションの購入、都市計画には、それに伴う政策や税制など、色々複雑な背景が絡むでしょうが、法制は、その土地その時によって異なるし、それが良いのか悪いのかは、ここで触れることではありません。

 北京という都市が発展を遂げる渦中で、共に変わってゆく市民生活の一例としてここで紹介出来ましたのは、たまたま一つの家庭を、友情にも恵まれて20年もの歳月で追うことが出来た、時の産物と思っています。

 M氏夫妻は現在、各々が車で動いていますが、自家用車の普及率も近年、著しく上昇しています。そう言えば中国の風物詩たる、自転車の数も、大分減りました。
 高速道路、環状道路、バスや地下鉄、電車の路線等に見られる交通網の拡大。それらは皆、北京市民の生活圏が外へ外へと広がっていくのに比例しているのが、看て取れます。

 人びとの行動範囲が広がれば、環境も変わります。日本も、かつて同じような道を歩んだに違いありません。大気汚染や交通事故の増加、果ては子供の教育問題や老人福祉等々、思いがけない分野での、新たな問題が生まれてくるのは必至でしょう。

M氏宅のあった四合院の門。こうした一般住宅は、住人が出入りする時以外は閉門していて、用が無ければ入り難い。 1992年 北京

 開発の名のもとに、昔のたたずまいがどんどん失われる中、一方で歴史ある四合院をレストランや宿泊施設に改装して利用されているのが、今北京ではちょっとした流行になっています。
 そして2004年には、四合院を個人が購入、保護することを奨励する政策が打ち出されています。
 改築には細かい規制があるものの、既に数十軒の四合院が破壊から免れているそうで、旧い建物を見るのが好きな私としては、どんな形でも昔のものが保存されるのは嬉しい限りです。

 都市とは、常に変わっていくものらしいことは、既に明らかなこと。でも、建物と施設だけで都市が形成されるものでもありません。ヒトとヒトの情も含んだ、あらゆるものの新旧調和とバランス、これが住人や訪れる人たちを魅了する都市の課題、ではないでしょうか。


 ・・・以下続く

(※ 註:この記事は 2006.12.10 に掲載されたものを転載しています)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

かずよ

北京留学時代のちょっと懐かしい話題から現代中国事情

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。